自律神経に働きかけるにんにく卵黄

にんにく卵黄はにんにくの成分によって自律神経を整えるため、ストレスや不安、パニック障害などの緩和に効果があります。

 

そもそもなぜにんにく卵黄が効果があるのでしょうか?

 

まず、覚えておきたいことが、自律神経についてです。

 

自律神経には交感神経と副交感神経の2つがあります。この2つの神経をバランスよく保ちながら、私たちは日々生活しています。

 

しかし、何かしらのストレスが体にかかると、それによって不安から全身症状までを引き起こしてしまうのです。

 

よく自律神経の乱れといいますが、たとえば息苦しさを感じたり、めまいや朝の目覚めがわるいなどの症状がある方は要注意です。

 

一度自律神経を崩してしまえば、中々治すことが難しく、医療機関でも何年も通い続けることになる場合があります。

 

そんなときにおすすめなのがにんにく卵黄です。

 

にんにく卵黄は、にんにくと卵黄を練り合わせた食品ですが、このにんにくにはアリシンと呼ばれる主成分があり、このアリシンを摂取することで、自律神経を整えることができます。

 

また、セロトニンという心を落ち着かせる脳内物質が分泌されやすくなるため、ストレスや不安を感じている方にもおすすめです。

 

そして卵黄には、脳の神経伝達物質であるアセチルコリンの原料となる卵黄コリンがあるため、相乗的により効果があるのです。

 

現代社会は多くの方が何かしらのストレスをかかえていると言われています。

 

自律神経の乱れはパニック障害や、他にも感情的になったり、全身に様々な症状があらわれたりします。

 

そうならないためにも、にんにく卵黄を飲み始め、ストレスに負けない体作りを目指しましょう!

 

2017/08/08 16:59:08 |
頑張ろうと思っているのにヤル気が全くでないときってありますよね。なんか疲れてはいないはずなのに、どうしてこんなにだるいんだろう?そんなときは、自律神経失調症が考えられる場合があります。自律神経とは、交感神経と副交感神経から成り立つ器官ですが、自分の思い通りになることがないんですよ。だから、ちょっとしたことで不調になってしまいやすいんです。一度バランスを失ったらもう大変。ストレスが過剰になってしまい、うつ病やパニック障害に繋がってしまう可能性もあるんです。もし、動悸が激しくなったとか、なんか下痢や便秘になっている方は、もしかしたら自律神経が不調のサインかもしれません。さらに、この自律神経失調症で...
2017/07/28 16:32:28 |
この現代社会において、ストレスのない人間はいないといわれています。ストレスというと精神的なものを思い浮かべますが、外的要因である紫外線などもストレスと言います。このストレスを緩和する食品として、にんにくがあります。にんにくの主成分はアリシンと言われる成分で、にんにくの臭いの元にもなっています。このアリシンには神経を沈静化させ、安定化の効能があるため、この働きでストレスを軽減させます。また、このアリシンはビタミンB1と結びつくことでアリチアミンというビタミンB1よりも強力な成分となります。ビタミンB1には疲労回復などの効果がありますが、水溶性なのですぐに体外へ排出されるという欠点があります。しか...